食べる

銀閣寺近くのパン屋さん『松』で夏の風物詩大文字パンを買い忘れる

こんにちわ、まいこです。

今回はパン屋さん「松」のご紹介です。

京都はパンの消費量日本一

京都は京懐石やおばんざいと、和食のイメージが強いですが、実はパンの消費量がずっと日本一。最近は県民性を紹介する番組「秘密のケンミンショー」や、ガイドブックでも京都パンを紹介してるのでご存知の方も多いですよね。

都道府県別統計とランキングで見る県民性 by odomon より引用

これは、京都がお商売をしている人や自営業の方が多いからだとか、学生が多いから、京都の人が新しもの好きだからなどいろいろ言われているようですが、一般の方から舞妓さんやお坊さんまでみなさんパンを召し上がってるそうです。

ちなみにパン屋さんの数では愛媛に続いて2位。ランキングはどれも10万人あたりの店舗数なんですが、ここでまさかの愛媛!!あまりに予想外すぎるので、これはケンミンショーで掘り下げていただくことを期待しつつ、1位がダークホースすぎてくすんで見えそうですが、京都もさすがの順位ですw

今出川通は別名パンストリート

話は戻りますが、今回ご紹介するパン屋さんの「松」は今出川通沿いにあります。実はこの今出川通は京都大学、同志社大学、同志社女子大学など大学が多数ある通りで、パンストリートと呼ばれるほどのパン激選区なんです。またアンスティチュ・フランセ関西(フランス政府公式の文化センター)も近くにあるので、フランス人の方が多く住んでいるからか、ハード系のパンがおいしいお店も多いそうです。

「松」は銀閣寺の近く

私は京都に行くと、朝ごはんによくパンを食べます。ホテルにももちろん朝食サービスはありますが、せっかくだったら京都のいろんなパン屋さんのパン食べてみたいんです。それにパンならパパッと済ませられますしね。

前の日に買ったり、朝買って食べるんですが、よほどファンで、どうしても食べたいって時以外はなるべく、目的地の近くでお店を探して買うようにしています。なので、松は銀閣寺や哲学の道から近く、とってもコンビニエント😄

お店は格子が配されたシックで和風のデザイン。松と書かれた暖簾が目印です。

f:id:maikoto:20180602040018j:plain

パンの種類が充実

お店は広くはないですが、パンはハード系からお惣菜系、甘い系と充実のラインナップです。 私はフレンチトーストとジャーマンポテト的サンドを購入。フレンチトーストは スティックタイプで、お外で食べるのにちょうどよかったです。お味はさっぱりとした軽い感じ。

f:id:maikoto:20180602040021j:plain

特にこのジャーマンポテト的なのが、おいしかったです。あとね、パンだけの写真がなくてお出しできませんが、クロックムッシュもおいしかった。

f:id:maikoto:20180602040015j:plain

今になってみれば、私のはかなりならでは感のないチョイスですが、松さんは大文字山をかたどった大文字ブリオッシュしば漬けをアクセントにしたあんぱんなんかが特に人気だとか。

ベーカリーだけでなく、パティスリーの経験もあるご主人なのでスイーツ系も気になります。 次はもうちょっとチョイス工夫したいと思いますwこちらのパン屋さんはお値段がリーズナブルなので、買いすぎ注意です😝

哲学の道で食べるのがオススメ

ホテルに持って帰って、次の日の朝食べるのもいいですが、銀閣寺に向かう道の途中、右に入るともう哲学の道です。銀閣寺では食べられませんが、ここならベンチがあります。桜の時期や紅葉の時期は人が多いですが、普段は静かで、川を見ながら木陰で食べられてお気に入りスポットです。お店の前にもベンチが置いてあるので、そこでも食べられます。お店にはドリンクも置いてありますよ。

桜も蛍もネコも見よう!!哲学の道でお散歩こんにちわ、まいこです。 今回は年中楽しめる京の散歩道、哲学の道を紹介します😊 哲学の道ってどんな道? 京都市の北...

京都にはおいしいパン屋さんがたくさんあるので、またおいしいお店を見つけたらご紹介しますねー。皆さんもよい旅を〜。

この本で松を見つけました

今回ご紹介した松は、京都パンガイドって本で見つけました。この本はコッペパンの紹介やエリア別のお店情報が載っていて、気に入って京都にもよく持って行きます。

あと、この本もオススメ。旅行だと観光地に行ったついで立ち寄れるお店が知りたいですよね。そんな時にバッチリな観光地から歩いていけるをコンセプトにした本です。松も載っています。

松のお店情報はこちら

  • 電話   075-771-7550
  • 営業時間 7:00~19:00
  • 定休日      月曜日