観光

【日帰りコース】おとな旅あるき旅の「秋深まる嵐山魅惑のぶらり旅」を巡ってみよう

こんにちわ、京都に年間30日も遊びに行っちゃう京都好き・まいこです😊

京都は紅葉シーズン!!

TVでも京都の紅葉が話題になる今日この頃ですね。

という訳で、今回は俳優の三田村邦彦さんが関西を旅する人気番組『おとな旅あるき旅』で回っていた「秋深まる嵐山魅惑のぶらり旅」のコースをご紹介します✨

1日で回れるコースです👍🏻

一緒に巡って欲しいオススメスポットや穴場情報もあるので、ぜひこの秋の紅葉散歩の参考にしてくださいね!!

では、しゅっぱ〜つ🍂🍁🐿

亀岡からトロッコで紅葉と川の景色を満喫

旅のスタートは嵐山観光の定番、トロッコ列車✨

定番と侮ることなかれ。春は桜、秋は紅葉と、季節ごとに絶景が楽しめるので、何度も乗りたくなる列車なんです。

この列車は、トロッコ亀岡駅-トロッコ嵯峨駅間を走っていて、片道630円です。

おはぎ
おはぎ
トロッコ嵯峨駅が嵐山に一番近いよ
まいこ
まいこ
私も乗ったことあるよ😆

特に人気なのは、『リッチ号』。

三田村邦彦さんとアシスタントの吉川亜樹さんもリッチ号に乗られていました。

窓がないオープンデッキで、風が気持ちいいし、写真を撮るのにも最適です♪

おはぎ
おはぎ
雨が降っても窓がないから、予約時はお天気に注意だニャ

そうそう。

私が乗った時は、カメラマンさんが有料で写真を撮ってくれました😉

1000円台だったかな?オリジナルの台紙に入れてくれます。

紅葉の見頃は11月下旬だそうです。

「光の幻想列車」トロッコ保津峡駅イルミネーション開催中✨

12月29日までライトアップやイルミネーションが楽しめます。

  • 点灯期間
    2021年10月 15 日(金)~12月 29 日(水)
    ※12 月8日、15日、22 日を除く
  • 点灯時間
    16時30分以降 最終列車まで
  • 乗車券販売箇所
    JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」、JR西日本の駅(京阪神の一部)の「みどりの窓口」、全国の主な旅行会社
    ※トロッコ列車各駅(トロッコ保津峡駅除く)窓口は当日販売のみ

酒商 おまっとうで駄菓子と京都の利き酒体験

嵐山に着いて最初に向かったのは、創業200年の老舗の酒屋さん『おまっとう』。

おはぎ
おはぎ
杉玉のある京町家な佇まいでオシャレ

京都の地酒は常時20種類以上のお酒を扱っていて全てのお酒を試飲することができるそう。

その他、3種類の中から2つのお酒が楽しめる利酒Aセット1,500円と8種類の中から3つのお酒が楽しめる利酒Bセット1,500円というのがあります。

三田村邦彦さん一行はBセットの中から、京北・羽田酒造の六友(純米吟醸 原酒)、伊根町・向井酒造の伊根満開、伏見・齋藤酒造のげっしょう(純米吟醸)を試飲。

お店では現在、コロナ禍ということでお酒以外に駄菓子の販売もされていて、お酒と駄菓子のペアリングの紹介もされています。

三田村さんは、お店のご主人のオススメのポテトフライ(カルビ焼 35円)とげっしょうの組み合わせにトライ。

三田村さん曰く。

お酒の香りを楽しむならお酒だけがいいし、ポテトフライト合わせるとお酒がどんどん進んじゃうんだそう。

それから、伊根満開は古代米・赤米を使ったお酒で、赤みがあります。

甘酸っぱくて、カクテルのようなお酒なんだって。

伊根町・向井酒造は女性杜氏が醸していて、日本のベネチアと呼ばれ人気の伊根町に酒蔵兼お店があります。

まいこ
まいこ
伊根満開ってお酒は、京都の宗やで飲んだことあるよ。そっちは食事が進む系
京都食材の創作料理とお酒のチョイスにセンスがキラリ☆居酒屋 宗やこんにちわ、まいこです。 今回は1人旅や女性、ちょい飲みなんかにも利用しやすいおしゃれでおいしい鉄板料理やさんをご紹介します。 ...

酒商 おまっとう

  • 営業時間 10:00〜17:00
  • 定休日 毎週木曜日
  • 問合せ TEL:075-871-0138、FAX:075-861-7888
  • 住所 〒616-8422 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂大門町34番地
  • アクセス トロッコ嵯峨駅から徒歩10分
  • HP

ニューオープン!!丹山酒造の甘酒カレーパンを食べ歩き

続きまして、渡月橋へと続く嵐山メインストリートをお散歩。

2021年9月にオープンしたばかりのカレーパン屋さんがあります。

こちらのカレーパンは亀岡の丹山酒造が始めたテイクアウトのお店。酒粕と甘酒を使った『京嵐山 麹入りカレーパン 1個300円』が売りです。

もちもちのパンにお肉ごろごろでスパイシーなカレーが入っています。でも麹のおかげでまろやかに仕上がってるそう。

おはぎ
おはぎ
店頭に置かれたスパイスやカボスで味変を楽しめるニャ

また、丹山酒造のお酒自体も試飲・販売しています。



丹山酒造 竹取店

  • 営業時間 11:00~18:00 ※売り切れ次第終了
  • 定休日 不定休
  • 住所 〒616-8384 京都市右京区嵯峨天龍寺造町20-24
  • アクセス 嵐電 嵐山駅から徒歩1分
  • HP
まいこ
まいこ
まだグーグルマップにお店が載ってない!! 他にも嵐山には昇龍苑店があるから間違えないでね!!

SNSで話題沸騰の超映え!! 五木茶屋・京都丼

丹山酒造のカレーパン屋を後にして、道なりに渡月橋を渡ります。

今回は中洲にある五木茶屋でランチです。

こちらのお店は元々、演歌歌手の五木ひろしさんがオーナーだったから五木茶屋なんだって。

2021年にリニューアルしてから、SNSで人気が出て予約必須の人気店となっています。

人気の理由は、京丼食べ比べ膳(2,800円)。

キレイに盛り付けられた小ぶりのお茶碗が5つも並んで超映えます✨

まいこ
まいこ
何十分も写真撮ってるお客さんもいるらしい
おはぎ
おはぎ
はよ、食べぇ

三田村さんが召し上がった京丼食べ比べ膳は秋限定のメニューで、黄金の玉子丼、A5ランクのお肉が乗ったローストビーフ丼、海鮮丼、天丼、鴨つくねゆばあんかけ丼。

他にも、小鍋のしゃぶしゃぶがついています。

23歳のオーナーシェフのお店らしく、予約はインスタのDMからもできるそう👍🏻

五木茶屋

  • 営業時間 11:00~16:00、16:00~18:00(19:00閉店)
  • 定休日 不定休
  • 問合せ 075-862-0729
  • 住所 〒616-8383 京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町 官有地10
  • アクセス 嵐電 嵐山駅から徒歩6分
  • インスタグラム

松尾大社で重森三玲の庭見学と大人のおやつタイム

ランチの後は、お酒の神様を祀る松尾大社(まつのをたいしゃ)へ。

境内には滝や延命長寿の御神水が湧く神泉 亀の井があります。

このお水は、お酒を作る際に使う作り水に混ぜると美味しくなると言われていて、醸造家も持ち帰る程の名水です。誰でも自由に汲むことができ、持ち帰り用にガラスの容器(100円)も用意されています。

また、重森三玲が作った最後に作品(蓬莱の庭、曲水の庭、上古の庭)がある事でも有名。

特に上古の庭は、松尾大社の磐座に因んだもので、天から神が渦を巻いて降りてくる様子を表しているんだそうです。

まいこ
まいこ
少し観光地から外れることもあってか、普段あまり人がいなくて穴場スポットだよ

三田村さん達は参拝後、お酒の神様のお膝元で日本酒を楽しむべく境内にある休憩処『団ぷ鈴』へ。

『団ぷ鈴』はお蕎麦や甘味が頂けるお店。

私もここでお蕎麦とかき氷を食べました。どっちも美味しかったです💕

三田村さんは、松尾大社の御神水で仕込まれた京北 羽田酒造の酒公杯(醸造酒 一合800円)とお店の看板商品のみたらし団子(3本 400円)を堪能されていました。

おはぎ
おはぎ
注文してから焼いてくれるみたらし団子おいしそうだったニャ

酒公杯は華やかな香りがするお酒だそうです。

近くのオススメスポット

松尾大社から歩いて12分のところに、私も何度も通ってる猫神社の梅宮大社があります。NHKの人気番組『世界ネコ歩き』の京都の四季で登場したネコ達がいる神社で、季節の花が楽しめる神苑も人気があります。

岩合光昭の世界ネコ歩き 京都の四季の梅宮大社のシマとツキに会ってきましたこんにちわ、まいこです。 みなさんは、NHKの『岩合光昭の世界ネコ歩き』という番組をご存知ですか? その名の通り、世界中の猫...

バスで20分ほど行ったところにある、絶品お肉料理のお店『くいしんぼー山中』は一度は必ず訪れてほしいお店。ランチからしてレベル高すぎます!!

日本一好き!!遠くても絶対食べるべきくいしんぼー山中のハンバーグこんにちわ、まいこです。 皆さんは京都で食べたものの中で、人生の中で一番おいしかったなーってものありますか?私は、京都で食べてみて...

 

松尾大社

  • 拝観時間 平日・土曜 9:00~16:00、日曜・祝日 9:00~16:30
  • 拝観料(庭園・神像館共通)  大人500円、学生400円、子供300円
  • 住所 〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3
  • アクセス 阪急松尾大社駅または松尾大社前バス停から徒歩2分

女子に人気の鈴虫寺で願い事をしよう

三田村さん達が最後に訪れたのは、女子に人気の『華厳寺』。

こちらは、年中鈴虫が鳴く寺として『鈴虫寺』と呼ばれています。

でも、女子に人気の理由は、そこではなくこのお地蔵様。

なんと願い事を叶えてくれるんだそう。

しかもたくさんの願いを叶えに行けるように草鞋を履いてらっしゃる!!

お願い事をする時は、作法があります。

お寺で頂ける幸福守(1体300円。中にお地蔵様の絵が入ってる)を、お守りに書かれている幸の字(ちょうどここがお地蔵様のお顔にあたる)が手から出るような形で合掌して、住所と名前、願い事を1つだけ心の中で唱えます。

これで、お地蔵様が願いを叶えに来てくれます。お守りを挟んで合掌です。お守りをね!!

他にも、このお寺はよそのお寺とちょっと違って、訪れるともれなく広めの御座敷に通され、人数が集まると30分程度の法話が始まります。(私が伺った時はお茶とお菓子が出ました✨)

この法話が堅苦しくなくて面白いという事で、これまた人気なんだって。

まいこ
まいこ
知人にこの法話目当てで通ってる人がいるくらい

この法話のお部屋に鈴虫がいて、リーンリーンと常に鳴いています。

人がいても、秋じゃなくても鳴いているのは、結構珍しい事みたいで、8代目の住職が28年もかけて研究されたんだとか。

で、この法話が終わると、お守りを買ったり庭に出たりできます。

と言っても、お庭はあまり広いって感じじゃなかったと思います。こちらのお寺は、景色や建物を楽しむというよりは、お地蔵様と法話が目的の方向けですね。

こういうお寺は珍しいので、法話に興味があるって方は行ってみるといいと思います✨

華厳寺(鈴虫寺)

  • 拝観時間 9:00~16:10
  • 法話の開始時間 9:00から1時間おき(各回人数制限あり)
  • 拝観料 500円
  • 住所 〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3
  • HP
  • アクセス 阪急松尾大社駅から徒歩15分

嵐山で穴場スポットを巡るツアーや手作り体験はいかが?

番組内で嵐山では、食べてばっかりだったので紅葉の穴場スポットを巡るツアーや季節のおチーフをかたどった和菓子作り体験をプラスしてもっと満喫しませんか?

ブラブラ町歩きの合間にサクッと楽しめるプランを2つご紹介しますね。

ガイドが穴場スポットへご案内。嵯峨嵐山 紅葉狩りツアー



2時間程度でめぐれるので、他にもあちこちまわりたい方にもぴったり。

特に紅葉シーズンは嵐山は人気スポット。ほんと人が多いんですよね。だから、プロのガイドさんが付いていれば、効率よく回れて、充実した時間が過ごせます。

料金は1人4,000円〜です。

ツアー内容

  • 廊下が美しい清凉寺の裏側拝観
  • 紅葉の寺、厭離庵の限定一般公開拝観
  • 五山の送り火、鳥居形と田舎風景
  • とっておきの隠れ家紅葉「護法堂弁財天」

プロならではのとっておきの隠れ家紅葉など、初めてでも以前に嵐山を訪れた事ある方でも楽しめる内容です。

ツアーをサイトでチェック♪

プロに教わる京菓子の世界。お土産付き手作り体験


京都の和菓子、見た目もキレイで美味しいですよね😋

このかわいい和菓子、自分で作ってみませんか?

嵐山の老舗和菓子店・甘春堂ではプロの職人さんが丁寧に指導してくれて、季節の上生菓子3個と干菓子1種類を作る体験ができますよ。

使う材料はお店で販売しているお菓子と同じものなので、味は間違いなし!!

こちらの体験は、1時間ちょい。お土産付きで1人4,730円〜です。

2人以上で開催。5歳から参加できるので、家族で楽しむのもいいですね✨

手作り体験をサイトでチェック♪

アソビュー!で旅をより楽しい思い出にしよう

今回ご紹介した2つのプランは、レジャー・遊び体験予約サイト『アソビュー!』で紹介されています✨

おはぎ
おはぎ
アソビュー?初めて聞いたニャ
まいこ
まいこ
大手旅行会社JTBと提携している会社だから安心だよ

アソビュー!は、全国6,000施設が参加するレジャー・遊び体験予約サイト。

24時間いつでもネットで予約ができて、ポイントも貯まる上、最安値保証。

今回のような穴場ツアーや和菓子づくり体験、日帰り温泉の予約ができて超便利なんです。

特に京都は人気スポット。予約できるものはしておくのが得策だし、3蜜回避対策ができてるかどうかも検索できるので安心です😊👍🏻

嵐山なら、人力車やレンタル着物、そば打ち体験などなど多数!!

おはぎ
おはぎ
嵐山、着物で巡るのもいいニャ〜

自分たちだけでお寺めぐりや食べ歩きもいいけど、こういう体験も旅ならではですよね。

嵐山のプランをアソビュー!でチェック♪

いかがでしたか?

今回は、人気の旅番組、『おとな旅あるき旅』のコースを巡る旅でした。

おもしろかった😊役に立った〜👍🏻と思ったら、ブログランキングの投票(クリックするだけ)もよろしくお願いします💕

では、みなさんよい旅を🍀

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村