見る

5/24まで!!当日券も!!京都先斗町の歴史的建物で鴨川をどり鑑賞

こんにちわ、まいこです。

5月は過ごしやすくて観光するのにぴったりの時期ですよね☘お寺めぐりの合間にこの時期ならではの舞妓さんや芸妓さんの華麗な舞が楽しめる鴨川をどりはいかがですか?5/24までですが、当日券も出るので意外と気軽に楽しめますよ。

kamogawawodori2_14

鴨川をどりって?

鴨川をどりは、鴨川沿いにある花街・先斗町の先斗町歌舞練場で行われる舞台公演で、物語を演じる舞踊劇と、いわゆる日舞の舞が見られる純舞踊の2部構成で、1部と2部の間に休憩が入ります。会期は毎年5月1日から24日12:30、14:20、16:10の3回公演。

kamogawawodori_6

ちなみに京都には花街は5つあって上七軒、宮川町、先斗町、祇園甲部、祇園東のそれぞれでをどりが行われています。

  • 上七軒▶️北野をどり(4月15日〜25日)
  • 宮川町▶️京をどり(4月初旬〜下旬)
  • 先斗町▶️鴨川をどり(5月1日〜24日)
  • 祇園甲部▶️京都をどり(4月1日〜30日)
  • 祇園東▶️祇園をどり(11月1日〜10日)

 チケットの種類

チケットは3種類+お茶券

チケットはお茶券付特別席(¥4,800)、特別席(¥4,200)、普通席(¥2,300)の3種類にお茶券(¥700)というのがあります。お茶券は、会場で舞妓さんがお茶をたててくれる券で、おみやげにお菓子が乗ってたお皿がもらえるそう🍡 公演の前に振舞われるので遅くとも開演30分前には行く必要があります。

kamogawawodori_2

購入方法は電話とwebの2種類

オフィシャルからだと、特別席のみの取り扱いで電話注文が4/1から、Web購入が4/8から開始されました。他のサイトだと普通席も買えるようです。いずれの方法で購入しても座席指定はできないようです。

電話注文

電話予約の開始日である4/1はスタートの時間からかなりつながりにくいです。電話で注文する場合は、希望の日時と時間、どの席にするかを伝えます。席が取れると、郵便振替か銀行振込(ゆうちょ銀行)、書き留めによる支払方法を教えていただき、お支払いを済ませます。

そうすると、支払が確認され次第、申し込み時に伝えた住所にチケットの引換券が送られてきます。この黄色いのが引換券です。

kamogawawodori_1

当日、この引換券を持って会場のチケット預り所へ持って行き、チケットと交換してもらいます。 チケットのお渡し時間が決まっています。

kamogawawodori2_15

無事チケットをゲット!!

kamogawawodori2_1

web注文

web予約は電話よりも開始日が遅いですが、よほどこの日でないとという場合でない限りweb販売が開始してからで十分だと思います。web注文ではクレジット決済です。注文が完了するとメールでチケット引き換えのPDFが送られてくるので、それを印刷して当日チケットと交換します。

当日券もあるよ

先行販売で完売の回もありますが、鴨川をどりは当日券もありますよ。

私も初めての時は当日券で鑑賞しました。鴨川をどりは京都の繁華街、河原町から近く、徒歩圏なので思い立って寄ってみるってのもアリだと思います。

kamogawawodori2_11

ちなみに、私の場合は2回目の回の時間より早めに行って、チケットが買えたのですぐ近くの河原町にある梅園でお茶しながら時間になるまで過ごしました。

https://maikotokyoto.net/sweets-umezono/

どんな格好でいけばいい?

kamogawawodori_15

ドレスコードは特にありません。観光客も多くカジュアルな格好の方も多くいらっしゃいましたので、気軽に楽しまれたらいいと思います。せっかくなので、着物をレンタルして和装で行くのも楽しそうですね。

私が以前、浴衣をレンタルしたwargoはリーズナブルなのに着付けもしっかりしてもらえ全然着崩れなかったのででオススメです。会場から近い祇園四条店もありますよ。

全国14店舗!全国最大級・最安値の着物レンタル【きものレンタルwargo】

豆千代モダンも☆wargoで京都駅前レンタル浴衣してきたよこんにちわ、まいこです。 京都の夏は浴衣を着たくなるイベントが盛りだくさん。そんなわけで、前回から2回に分けてレンタル浴衣のお話をお届...

クロークもあるので、荷物があっても大丈夫です。逆に観客席の前後の空間が狭いので、席に持ち込む荷物は少なめにしたほうがいいです。人が座ったままその前を通るのだけでも結構大変なので。

会場は先斗町歌舞練場

kamogawawodori_12

鴨川をどりが行われるのは先斗町歌舞練場。 四条通りと三条通りの間を縦に抜ける、先斗町の鴨川沿いにあって三条通りからの方が近いです。

kamogawawodori_14

先斗町に直接入ってもいいですが、木屋町通りから入ると、こんな門がお出迎えしてくれます。昼間の先斗町は閉まっているお店も多くて、閑散としてるし、木屋町通りは高瀬川という小さい川沿いを歩けるので、私はすきです。

門をくぐってまっすぐ行くと、もうそこが先斗町歌舞練場です。

kamogawawodori_13

建物は独特のレトロ感が素敵です🏛劇場建築の名手、大林組の木村得三郎氏が手がけた建物で、東洋趣味を加味した近代建築と称されたそうです。

kamogawawodori_16

ちなみに歌舞練場っていうのは、をどりの公演の他に普段は舞妓さんや芸妓さんが、舞踊や楽器の練習をしていて、夏にはビヤガーデンにもなるそう。そこには舞妓さんが回ってきてくれるらしいから、私も行ってみたい🍻

いよいよ会場 内部へ潜入!!

kamogawawodori_4

レトロな扉をくぐると、そこはもうホールです。チケットをもぎってもらって入りましょう。

kamogawawodori_7

千鳥があしらわれた提灯が天井からさげてあって、かわいい。

普通席は2階席。花道が見えない可能性も!!

kamogawawodori_10

2階の観覧席入ってすぐのところからみると、こんな感じ。緞帳がすばらしいです。ちなみに オフィシャルサイトによると2階席は車椅子には対応してないそうです。

公演中は撮影不可ですが、それ以外は撮影OKですよ。

f:id:maikoto:20180813032826p:plain

会場内はこんな感じ。私が行った時は桟敷席はなく、実際は椅子席とは違う椅子が置いてありました。それと2階左右の桟敷席は、1階の左右の席の上にあるので、この歌舞練場に限らず、左側の席から花道は見えません。

kamogawawodori_9

私は正面の席だったけど、やや後ろだったので花道はほとんど見えず、正面の桟敷席の位置からでないと難しいかなと思いました。

花道は舞妓さんや芸妓さんの劇中での登場シーンなどに使われるほか、花道の壁面には長唄や演奏を行う芸妓さんがいて、オケピみたいな感じになっていて鴨川をどりでは第2部から登場します。ですので、全部ちゃんと見たかったら、特別席をとったほうがいいです。

特別席なら花道も見えてお土産ももらえる可能性あり

特別席は1階です。先ほど普通席の時にご紹介しましたが、1階からなら場所にもよりますが花道が見える可能性は高いです。(残念ながら席は指定できません)

kamogawawodori2_5

それと、最後に舞台から鴨川をどりの手ぬぐいが投げられるので、1階席なら手に入れるチャンスがあるかもしれませんよ。

存分に楽しみたいならプログラムと音声ガイド

せっかくだからきちんとストーリーや歌の歌詞を知りたい。という方には音声ガイドとプログラムがオススメです。

音声ガイドは、演目の進行に合わせて解説が入るようになっているので、観ながらストーリーがより楽しめるようになっています。片耳用で、操作はボリュームだけなので機械が苦手な方でも安心です。1階のホールや開演前には観客席まで貸し出しにきてくれていました。

kamogawawodori2_13

プログラムにはあらすじ、歌の歌詞、出演者の写真と名前などが載っているので、後でじっくり見たい方はこちらがいいと思います。

kamogawawodori2_17

 一部が終わると休憩タイム

一部が終わると幕間の休憩です。オペラみたいに長くはなく、10分くらいに感じました。劇場内では飲食は禁止。

1階は喫煙所があり鴨川を望めるバルコニーになっています。タバコは苦手なんですが、せっっかくなのでちょっと出てみました。室内からはわかりませんでしたが扉の上の枠が凝っていて、レトロです。

kamogawawodori2_12

川の向こうに三条京阪駅が見えます。

kamogawawodori2_8

2階には休憩スペースがあります。自販機で飲み物が買えます。席数はかなり少ないですが、テーブル席があって、鴨川が見えてとっても気持ちがいい。

kamogawawodori_5

3階には休憩所があるそうです。

kamogawawodori2_3

2019年の演目は伊勢物語

2019年の公演は

  • 第一部 わかよたれそ 筒井筒(つついづつ)
  • 第二部 艶姿祝新御代祭 (あですがたしんみよまつり)

kamogawawodori2_19

第一部のわかよたれそ 筒井筒は伊勢物語の中のお話をベースにしたオリジナルです。ネタバレしちゃうので、細かくは言いませんが、古典文学のスターが登場したりと、私のような普段こういった演劇に馴染みがない人でも面白いと思えるようなストーリーにアレンジしてあります。

筒井筒 – Wikipedia

ちなみに2018年はシェークスピアでした。結構攻めてますよね。西遊記だったこともあるそうです。


鴨川をどり前夜祭 艶やかに

第2部は令和元年にちなんだ演目もありましたよ。かわいらしい舞妓さんや登場しただけで空気を一気に変えてしまう芸妓さんの舞。1部も2部もほんとにすばらしくてあっという間の時間でした。

先斗町は歌舞伎で有名な尾上流。(私の勝手な解釈ですが)舞が上品でしなやかな感じがして特に好きなんです。毎年でも観たくなるすばらしい舞台ですので、皆さんもぜひ観てみてくださいね。

鴨川をどりのイベント情報はこちら

kamogawawodori_8

先斗町歌舞練場

住所

〒604-8003 京都府京都市中京区橋下町130

電話

075-221-2025

オフィシャルサイト

先斗町・鴨川をどり公式サイト

webチケットサイト

新元号記念・第182回鴨川をどり/チケット公式申込みフォーム Ticket Purchase