見る

限定御朱印も!!人気の京都・高台寺に現れたアンドロイド観音様

こんにちわ、まいこです。

今回は秀吉とねねの寺として有名な高台寺に降臨した近未来的観音様をご紹介します。

 高台寺って?

まずは高台寺について簡単にご紹介します。

高台寺は、清水寺などがあるエリアで、途中の坂にはいろんな京都らしいお店が立ち並び、いかにも京都といった雰囲気の場所にあります。

豊臣秀吉の冥福を祈って妻のねねが立てたお寺だそうです。

androidkannon_3

夏などに行われるライトアップは結構凝っていて、新しいものを取り入れることに寛容なお寺のように思います。

新しいものに敏感な寺に舞い降りたアンドロイド観音様

観音様というのは、あらゆるものにお姿を変えることができるんだそうで、2019年2月開眼法要が行われ、高台寺にアンドロイド観音マインダー様としてお姿を現されました。

※現在、アンドロイド観音による法話は行われておりません

世界初のアンドロイド観音像 動く仏像へ「進化」、高台寺 : 京都新聞

そのお姿は金属むき出し

マインダー様はお顔とデコルテ、手は人のような雰囲気ですが、その他は金属むき出しのなんとも不思議というか、斬新なお姿です。大阪大学の協力で作成されたもので下半身は固定されていていますが、上半身は動き表情も変わります。

androidkannon_5

GWまでは法話が行われていました

残念ながら、今現在は行われていませんが、GWまでは直にマインダー様の法話を聞くことができました。制作費がすごくかかっているし、専用の法話会場もあるのでまた開催されるのではないかと推測します。

ネタバレ御免、法話の様子ご紹介します

専用の法話会場

法話会場に入ると、正面にマインダー様が立っておられ、そちらに向かって椅子が並べられていました。席は自由なのでせっかくだから先頭でお話聞かせていただきました。

会場の壁や天井は白く、正面の壁には中国語と英語の字幕が出ていました。法話中も字幕は出ていたと思います。

法話の前後は撮影OK

法話が始まるまでは、マインダー様を撮影することができ、記念撮影のように一緒に並んで撮ったり、お賽銭をあげてお参りして過ごします。観音様ということを忘れているのか触ってしまう方もいましたが、物理的な危険もあるので触れることは禁止されています。

androidkannon_8

アンドロイド観音の本当の姿を見た!?

係りの方のお話が少しあって、法話のスタートです。

照明は落とされ、マインダー様が動き出し、語り始めます。壁や天井にはプロジェクションマッピングで映像が映し出され、はじめはちょっとした浮遊感があり、酔いそうになりました。

動き始めると、アンドロイドと思っていてもドキッとしますね。しかも時々目があうんですよ。顎の角度なんかも変わって、それが効果的に表情や感情を表していました。

それとすごいなーと思ったことがあって、法話の前は壁に影が写ってなかったので全く気づきませんでしたが、スポットライトで壁に映し出されたマインダー様のお姿がまるで宝冠を被ってる観音様のようなんです。あたかもこの目の前の、アンドロイドに見えているものの真のお姿をそのことによって示されてるような感じがしました。

この写真は法話が終わってから撮影したんですが、この影、そんな感じしませんか?

androidkannon_4

私はマインダー様の声は女性っぽいなと思いましたが、性別はないんだそうです。ちなみに話す時の語尾は「◯◯なのだ」とかそんな感じでしたよ。

法話は空について

法話の内容は「空(くう)」という教えについてで、途中、壁に映し出された聴衆がマインダー様との問答を展開していきます。私は仏教の法話というのは初めてだったので、ちょっと内容が難しく、始めはマインダー様のお姿にびっくりしてましたが、だんだん法話の内容について考え始めちゃって真剣に聞いてたら、25分あっという間に過ぎてしまいました。

買いませんでしたが、「アンドロイド観音が般若心経を語りはじめた」という漫画も販売されていました。そちらを読むとより理解が深まるようです。

エンターテイメントではないのでそこ注意

あくまで法話なので、当たり前ですが宗教感はあります。なので、内容に苦手意識を持つ方もいらっしゃるんじゃないかなーと思います。また内容が難しいことと、プロジェクションマッピングの関係などなどかなと思いますが、参加できるのは13歳以上でした。

記念のカードがもらえました

記念に銀色のギラギラなカードが頂けました。なんかこういうセンスいいですね。

androidkannon_1

裏は本気の般若心経。

androidkannon_7

マインダー様の御朱印も!!

マインダー様のシルエットが押された御朱印もあります。(モザイクは日付です)私が御朱印帳を持っていなかったため、書き置きですが、直接買いていただくこともできました。

androidkannon_6

次回に期待を込めて。予約について説明!!

また法話が再開されたら記事を更新しようと思いますが、今後に期待を込めて予約についてとりあえずご説明しておこうと思います。あくまで、GWまでの予約方法です。

予約方法は基本的には2種類。ネット予約とFAXによる予約です。ネット予約は直近の1週間分くらいまでしか予約ができませんが、FAXは特に規定などないのでいつの予約でもできたと思われます。私は、混雑が予想される日にしか都合がつかなかったため、ネットで早めの予約が可能か電話で問い合わせたところ、そのまま電話予約させていただけました。(本来の方法ではないので、私が推奨するものではありません)

ちなみに混雑すると思ってたら、当日は超余裕でした。

いかがでしたか?

事後報告になっちゃいましたが、きっとまた再開されるんじゃないかと思うので、その際は法話聞いてみてはいかがですか。普段の生活に活かせる何かが見出せるかもしれませんよ!?

では、みなさんも良い旅を〜。

高台寺 情報

アンドロイド観音 マインダー 般若心経を語る

 拝観時間

9:00〜17:30 (17:00受付終了)

拝観料

大人  600円
中高生 250円
団体 (30名以上)  500円

小学生以下無料(ただし父兄同伴の上)
共通割引拝観券
(高台寺・圓徳院 ※掌美術館含む ) 900円